冠婚葬祭とTPO

冠婚葬祭とは、行事やイベントなどにおいて、最も格式の高い場とされています。
そのために、参列する場合には、ふさわしいTPOで臨むことが大切です。
結婚式や記念式典など、晴れがましい場には、フォーマルウェアで参列するのが一般的です。
和服ならば、未婚女性は振り袖、既婚女性は留袖が最適です。
また、紋が入っている訪問着は、未婚と既婚を問わずに着用できます。
また、洋服ならば、昼間は裾が膝より上のドレスはマナー違反となります。
さらに、くるぶしに達するほど長いドレスは新郎新婦の身内に限られています。
ほかにも、純白は花嫁が着るウェディングドレスの色ですので、招待客が白やクリーム色のドレスを着ることは避けるべきです。
尚、葬式は、遺族を慰める厳粛な場でもありますので、濃い化粧や、色のついたアクセサリーはTPOに反することになります。
黒い喪服を着用し、パールもしくは黒真珠のネックレス、指輪はマリッジリングだけに留めましょう。